2010年03月01日

マンション更新料返還求める訴訟で家主の控訴棄却 大阪高裁(産経新聞)

 賃貸マンションの更新料条項は消費者契約法違反で無効だとして、熊本市に住む女性が京都市在住時に家主に支払った更新料計34万4千円の返還などを求めた訴訟の控訴審判決が24日、大阪高裁であった。安原清蔵裁判長は「家主が収入を確保するならば端的に更新料相当分を賃料に上乗せするべきだ」として家主側に全額返還を命じた1審京都地裁判決を支持、家主側の控訴を棄却した。

【関連記事】
マンション更新料「無効」求め20人が一斉提訴 京都地裁
マンション更新料、大阪高裁は「有効」判決
マンション更新料訴訟、決着は最高裁へ
「更新料」支払いは必要? 契約前にきちんと確認
マンション賃貸契約に影響も 更新料返還訴訟で借り主逆転勝訴

意識不明の3歳女児死亡、同居の無職男が虐待?(読売新聞)
前J大分の長官「観光大国へ“スポーツーリズム”を」(産経新聞)
渡辺・多摩市長 今期で引退表明(産経新聞)
内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%−文科省(時事通信)
長崎知事に自公系・中村氏=民主推薦候補破る(時事通信)
posted by タチバナ セイイチ at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。