2010年04月13日

阿波おどりは基本教養、徳島市新人職員が研修(読売新聞)

 徳島市が行政事務職などで今年度新規採用した職員40人が7日、研修で阿波おどりを体験した。

 34人は県内出身だが、全体で20人が未経験だったといい、市は「徳島市職員の基本教養の一つ」として学ばせた。

 市は、阿波おどりが地域の重要な伝統文化で、「徳島市の職員は、県外の人からは全員が踊れると思われがち」――などを理由に、17年前から新人研修に演習を導入しているという。

 有名連所属の市職員が講師を務め、阿波おどりの歴史や作法を講義。新人職員たちは、先輩からリズムの取り方や足の運び方を教わり、間違った動きを注意されながらも、それぞれ楽しんで学んだ。馬越和也さん(29)は愛媛県今治市出身で今回が初体験。「運動不足できつかったが、市民と触れあう機会にもなるので、夏はぜひ参加したい」と話した。

財政と国民生活「両立が課題」と首相=連合会長、現実的な参院選公約を(時事通信)
賢治の青春たどるHP、母校の岩手大生ら公開(読売新聞)
ピザ店強盗容疑で元従業員逮捕=開店準備狙い110万円−警視庁(時事通信)
マンション火災、2歳児死亡=父親と4歳兄も重体−川崎(時事通信)
0円携帯に苦情…頭金だけタダ・解約で高額請求(読売新聞)
posted by タチバナ セイイチ at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。